自動車保険の見直し

保険料の見直しは、節約効果のもっとも出るところではないでしょうか?
けれども、保険会社を変えるのってなんだか面倒ですよね。最初に加入する時も一応考えて選んだわけですし・・・
現に管理人も、安くて有名な保険会社を利用して安心しきっていたのですが、見積もりをとってみて驚きました。
50000円弱の節約ができたのです。これでも一番安い保険にしたわけではありません。
見積もりは無料でとることができます。今のところセールス電話などは一切かかってきていません。
面倒でやってみたことがなかった方は是非一度お見積もりされてはいかがでしょうか。

自動車保険一括見積もりができるサイトはコチラからどうぞ
管理人の自動車保険一括見積もり体験 見積もり比較表はコチラからどうぞ

自動車保険を申し込むまで

管理人はまったくもって詳しくありませんが、気をつけた点をいくつか記載します。

  1. 自賠責保険と任意保険
  2. 自賠責保険の正式名称は、「自動車損害賠償責任保険」で強制保険と言われることもあり、
    通常必ず入っているはずの保険です。運行する全ての自動車に対して義務づけられています。
    国が保険料を管理し、人身事故等で被害者救済のために使われます。
    補償内容は、死亡補償3000万円、後遺障害〜4000万円、傷害120万円で、
    対物賠償はありません。
    自賠責保険はあくまでも"対人の最低限の保険"であり他人に対する損害だけに適用されます。
    自分の身体、自分の車に関しては一切補償はないのです。
    そこで、自賠責保険ではカバーできない補償に対して任意保険(自動車保険)に加入します。

  3. 補償内容を吟味
  4. 保険料の高い安いは、各保険会社や補償内容で大きくちがってきます。
    安くしようと思えばいくらでも安くなりそうですが、自賠責保険ではカバーされない 対人、
    対物賠償は、よく検討し金額設定した方がよさそうです。
    いざとならないと必要ではない保険ですが、いざとなったときではもう遅いのです。

  5. 自動車保険一括見積もりについて
  6. 様々な会社の見積もりを一度でとることができる一括見積もりはとても便利なサービスです。
    自動車の情報、現在の保険情報、免許証の情報が必要になるので、
    車検証・保険証・免許証などを手元に用意しておくと便利です。
    保険会社により、すぐに見積もり結果がでるところ、メールで送られてくるところ、郵送等あります。
    また、満期日を過ぎている場合は一括見積もりはできません。
    自動車保険一括見積もりができるサイトはコチラからどうぞ

  7. 自動車保険一括見積もり結果を検討する
  8. 見積もりをとったら結果を元に検討しましょう。
    まずご自身が入力した内容が正しく設定されているか確かめましょう。
    管理人は、入力ミスをしたのか、会社で強制的に設定されてしまう項目だったのか、
    予想と反した設定がされている部分がありました。予算や希望する補償内容を確認し再計算したりもしました。
    わからないことや不明点などあったら電話で直接聞いてみるのもいいかと思います。
    何かあったときに頼りにしたい会社ですから対応がいいところの方がいいですしね。
    管理人の自動車保険一括見積もり体験 見積もり比較表はコチラからどうぞ

  9. 自動車保険を申し込む
  10. まず一番に気をつけたいのは期限です。
    前契約の満期日を過ぎてしまうと等級継承ができなくなり保険料は高くなってしまいます。
    管理人は、これやっちゃいましたからね(汗)
    インターネット割引が導入されている保険会社は、必ずインターネットで申込み手続きをしましょう。
    ま、どちらもあたりまえのことですが・・・

大きく節約 自動車保険
管理人の自動車保険比較
  実体験
>> 自動車保険の見直し
>> 自動車保険一括見積サイト
>> 管理人の見積比較
その他の保険
>> その他の保険を見直す
クーポン券(割引券)
インターネットでGETできる
  お得なクーポン券(割引券)
>> クーポン券を活用
  テーマパーク等
  ファミリーレストラン等
お得にショッピング
インターネットでもポイントが
  貯められます
>> ショッピングを有効活用
お試し・トライアル
>> 話題の商品をお得に試す
  お試し食品等
  お試しコスメ
other
>> お得な企業・メーカーサイト
インターネットバンク
>> ジャパンネット銀行
>> eBANK
>> イーバンクについて詳細
アンケートモニターネット All Rights Reserved.